世界各国のアンティーク家具についてご紹介!

意外と畳の部屋にも合うアンティーク家具

意外と畳の部屋にも合うアンティーク家具 意外と畳の部屋にも合うのがアンティーク家具です。共に職人が作っているということが関係しているのかもしれません。
卓越した技を感じることが出来るので、畳があるような和室でも馴染んでくれます。
しっくりとした日本の雰囲気でもしっかりと馴染んでくれるので、アンティーク家具は日本でも人気となるのかもしれません。
いいもの同士をくっつけると相乗効果でさらに良くなるという典型的な例なのかもしれません。
和室にアンティーク家具があっても特に不思議ではありません。
日本は家具を作るような技術も卓越しているので、そうした感覚が昔からあったということなのかもしれません。単に合うというだけではなく、調和していてそこにあるべきという感じもしてくるのが不思議なところです。
いいものはどこにあってもいいということかもしれませんが、畳のような卓越した技術によって作られているところにあると、一層価値が高くなるような気もするのが不思議なところです。

日本にもアンティーク家具は存在する?

日本にもアンティーク家具は存在する? アンティーク家具というと、ヨーロッパ家具のイメージが強いものですが、最近では日本の古い家具が世界のアンティーク愛好家の中で除々に人気が高まっています。
日本の家具は何世代にも渡って使うことが出来るように丁寧に、しっかりと作られているので年月を重ねても古さを感じさせず、逆にモダンな印象を与えるデザインの家具も少なくありません。
日本の箪笥が丁寧に重厚に作られている理由の一つに、昔は結婚の際には新婦の家が結婚準備で箪笥を持たせたことも一因です。
実家から新しい家庭に持たせる大切な婚礼家具でしたので、親ごころもあり、予算をかけて用意したものです。
アンティーク家具として現代にも通じる背景には、大切に作られ、大切に扱われてきたことという面もあります。
高級な和箪笥には漆が多く使われていますので、使えば使うほど漆の美しさが際立つようになってきます。
漆の美しさも世界のアンティーク家具の愛好家に人気が高い秘密の一つです。