世界各国のアンティーク家具についてご紹介!

アンティーク家具は全てが一点もの

アンティーク家具は全てが一点もの アンティーク家具は家の中でも独特の存在感があり目を引くものです。長い年月にわたって使い込まなければ、あの優しい風合いは出ません。
これは加工や塗装では再現することは難しいことです。アンティーク家具の魅力の一つが歴史を感じさせる優しい風合いなのです。
時間をお金で買うことは出来ません。長い年月を過ごしてきたことに大きな価値を持つのです。
これが一点ものといえる理由になるといえるでしょう。
また、使われている木材にも特徴があります。
マホガニーやローズウッドなど美しい木目を持つ木材をアンティーク家具には使われることが多いです。これだけでも所有欲が十分満たされるのではないでしょうか。
このような木材は、日本ではなかなか手に入れることはできません。ワシントン条約で取引が禁止されている木材だってあるのです。
仕上がりの素晴らしさもさることながら、使われている貴重な木材、何よりも百年前後経過して今なお残るところに、一点ものの家具として存在感を示してくれます。

フランスのアンティーク家具の代表といえば?

フランスのアンティーク家具の代表といえば? フランスのアンティーク家具の代表といえばキャビネットやナイトテーブルがあります。
この他にサイドチェストやビューローなどアンティーク家具を集めている専門で購入が可能です。
時代により様式が異なりますが、共通しているのは現代のものより材質の厚みがあり、つくりがかなりしっかりとしているものが多いです。
気に入った椅子やソファーを利用する方もいます。
またこれらの商品を取り扱っている会社はシャンデリアなどの照明を集めている事が多いです。家具とあわせて照明をそろえる事が可能になります。
フランスのアンティーク家具はロココ調など女性に人気があるデザインが多いのが特徴になります。現代の住宅に上手に合わせる事で寝室やリビングの雰囲気が変わります。
日本で購入できるこれらの多くは商社や個人商店がフランスから仕入れているもので、相場がある程度ありますが価格の差がかなりあるのでいくつか気になる会社や店舗を探してみると良いです。